ママ保育士の復帰とか

ママ友に保育士さんが結構います。

私の周りだけの話なのですが、面白いことに、元保育士だからといって育児がうまく行っているわけではないようです。

確かに愚図ったときや普段、子供達と遊ぶときなんかは上手く子供たちの気持ちを引いてくれて「やっぱりすごい!」と思うのですが、子育てについて話していると、私以上に悩んで試行錯誤している時があったりします。

やっぱり、他の家の子を日中だけ保育するのとは違って、24時間、ずっと一緒の我が子ですから、全然勝手は違うみたいですね。

特に子供達の発育に関しては悩む事も多いみたいですね。

あと、みんな共通して言うのは、給料!

安かった~と言いますね。

でも楽しかったと。

もっと給料が良かったらすぐに復帰したい、という話もたまにしてますね。

今、保育士確保のために給料を上げる動きになっていますけれど、1万円とかではあまり気持ちは動かないかも、といった事も話していますね。

それよりも、長時間労働を改善してくれないと両立しながら働くのは無理、という感じみたいです。

パートで勤務する人も多いですけれど、それ以上に違う仕事に転職したり、パートに就く人も多いですね。

どんな仕事も、給料、仕事のやりがい、時間的な事、その他もろもろ、バランスを取って働くのって難しいなあ、と思います。

病棟保育士 求人 東京

看護師の仕事、復職にあたって考えたこと

末の子供が1歳6ヶ月の頃に、そろそろ働こうかな・・・と思って、どんな働き方が無理なく両立しながら働けるかな?と考えてみたことがあります。

小さい子供がいる時の働き方、色々と迷いました。

どうしたって急に体調を崩しますからね。
それに自分自身の体力的な事を考えてみても、ブランク期間が5年、6年近くになろうかといった頃だったので、かなり不安もあり(^_^;

夫とも相談した上で、末の子が幼稚園に入るまでは午前のみ、短時間でパートが良いんじゃないか、といった事で仕事を探してみようと思いました。

短時間パートなので、扶養範囲内からはみ出ないように収入を得つつ、ということですね。

扶養範囲内で働いていたつもりなのに、うっかり少し収入が出てしまって税金が取られちゃって・・・というお友達もいましたので、給与計算は職場ばかりに任せず、自分でも気をつけるという事も注意点でしたね。

職場の経理任せにせず、自分でも責任を持って計算する事は、仕事の責任感を持つ上でも役立つのかもしれませんね。

最初はまたしっかり働きたいな、と思って子供優先で働ける病院の看護師求人ということで人材紹介会社を利用して探してみましたが、色々と考えてやっぱり常勤は(家族にとっても)無理がかかるし、もう少し子供達が大きくなってからにしよう、と思いました。

でも、そう決めてパート先を探して良かったと思いますね。

やっぱり最初は短時間での勤務でもクタクタになってしまいました。

家に帰ってからも子供達のお世話で休む間もありませんしね。
最初の頃の週末は、長く寝かせてもらったものでした。

家事・育児に協力してくれている夫にはかなり助けられてますね。

お給料はこれからの子供達の学費に回す予定です。